株式会社とませい

会社概要 環境方針 お問い合わせ サイトマップ トップページ  
有機汚泥リサイクルプラント エコワークス苫小牧 ISO-14001認証工場
 トップページ > 廃棄物処理 > 有機汚泥
 

有機汚泥の処理フロー

処理容量や応用範囲に対して必要十分で機能的な設計であるため、施設は非常にコンパクトで、受け入れから最終工程まで当社独自のガイドラインに基づいて稼働しています。下記の画像クリックでポップアップ表示にて拡大し、各工程をクリックして詳細を表示します。

有機汚泥処理フロー

処理工程

前処理工程(夾雑物分離) 一次処理工程(加圧浮上処理 二次処理工程 リサイクル工程

1)前処理工程(夾雑物分離)

受入れ汚泥(廃水)の性状に応じて、あらかじめ定められた処理パターンを選び、浮遊物・固形物を分離回収する。汚泥(廃水)は、ロータリースクリーンで粗分離し、スタッチックスクリーンでは細かな浮遊物を回収する。砂分の多い汚泥(廃水)はウォーターサイクロンにて洗浄され、砂などの無機物を分離回収して無機汚泥リサイクル施設に移送し製品化する。

受入槽 ウォータサイクロン
受 入 槽   ウォータサイクロン
     
スタチックスクリーン   ロータリースクリーン
スタチックスクリーン   ロータリースクリーン(右装置)

前処理工程(夾雑物分離) 一次処理工程(加圧浮上処理 二次処理工程 リサイクル工程

2)一次処理工程(加圧浮上処理)

汚泥(廃水)は凝集反応槽で凝集剤添加とPH調整を行い加圧浮上装置(MBFD)に入り超微細気泡の力により油脂分及び溶解性の懸濁物質を分離浮上させる。加圧浮上分離槽の処理水は二次処理工程のEGSB嫌気性生物処理槽に移送する。

超微細気泡加圧浮上装置(MBFD)廃水処理フロー
超微細気泡加圧浮上装置(MBFD)廃水処理フロー
     
凝集反応
映像ファイルです。画像の上にマウスをのせると再生ボタンが表示されます。
  加圧浮上処理
映像ファイルです。画像の上にマウスをのせると再生ボタンが表示されます。

前処理工程(夾雑物分離) 一次処理工程(加圧浮上処理 二次処理工程 リサイクル工程

3)二次処理工程

(嫌気性・好気性生物処理・膜分離処理)
加圧浮上分離槽にて浮上分離したフロスはグラニュウル貯留槽で高濃度BODを分解し有機物の減量を行い、余剰分はリサイクル工程に移送する。EGSB嫌気性生物処理槽は嫌気性微生物により有機物のBODの大半80%程度を処理し余剰汚泥の発生を抑制する。これにより、全工程での汚泥の総発生量の大幅削減を行うことが出来る。その後、嫌気加圧浮上槽を通り処理水は好気性生物処理槽に移送する。好気性生物処理槽では連続活性汚泥処理方法と膜分離装置を併用して、浮遊物のほとんどを回収し放流基準値以下の水質の処理水とし、プラントの洗浄水等に再利用する。また、余剰処理水については塩素滅菌処理し放流基準値以下の水質で河川に放流する。

汚泥(廃水)処理システムフロー
汚泥(廃水)処理システムフロー
     
微生物処理 ツリガネムシ(50µm)
微生物処理
ツリガネムシ(50µm)
  好気性微生物処理工程
映像ファイルです。画像の上にマウスをのせると
再生ボタンが表示されます。

前処理工程(夾雑物分離) 一次処理工程(加圧浮上処理 二次処理工程 リサイクル工程

4)リサイクル工程

加圧浮上分離槽にて浮上分離した余剰フロスは脱水機を経て脱水ケーキにする。脱水ケーキは有機肥料の原料として関連企業の(株)トマウェーブに販売しリサイクルを行う。また、グラニュウル貯留槽で発生する余剰グラニュウル菌(嫌気性微生物)は各種処理施設に販売を行う。なお、嫌気性処理槽(EGSB)より発生のメタンガスは、バイオエネルギーとして有効活用する。

脱水機 EGSB反応槽内の嫌気性微生物の 集塊化(グラニュール)汚泥
脱 水 機   EGSB反応槽内の嫌気性微生物の
集塊化(グラニュール)汚泥

受入基準等

1)受入れ汚泥(廃水)の種類

a.下水道汚泥
b.食品(水産・畜産)加工工場汚泥(廃水)
c.グリストラップ汚泥(廃水)
d.廃棄乳
e.泡消化剤(タンパク系)
f.不凍液・クーラント
g.難分解性有機廃水
(有機溶剤・油分・ホルマリン等を含むもの)

※特別管理産業廃棄物の汚泥(廃水)は受け入れ出来ません。

2)基本処理料金

a.BOD 10,000ppm未満 25,000円/トン
b.BOD 10,000ppm以上 30,000円/トン以上
(※濃度により別途見積もりとなります)

※BOD(生物化学的酸素要求量、生物化学的酸素消費量、biochemical oxygen demand)
水の有機物による汚濁の指標の一つ。20℃において、水中の有機性汚濁物質が生物化学的に酸化される時、5日間で消費される酸素量をmg/lで表します。水の汚染度を示す有力な尺度であり、河川や汚水中の微生物で分解可能な有機物の量を示す指標です。BODの高い汚水は、生物的に分解されやすい有機物を多く含んでいることを示し、高いほどその汚水は汚濁しているといえます。汚水の処理は、このBODを低下させ、河川の汚濁を防ぐことを主な目的としています。

3)処理・生産能力

◇処理能力 187.7m3/日
◇処理方法(許可内容)
 中和・分離(汚泥・廃酸・廃アルカリ[有機性に限る])

◇有機肥料(原料)  1.5t/日
◇グラニュウル菌  0.2t/日〜0.5t/日
 
洗浄・清掃
廃棄物処理
  ●廃棄物処理業務  
  産業廃棄物収集運搬・処理  
  一般廃棄物収集・運搬処理  
  ●廃棄物収集用コンテナボックス  
  廃棄物収集用コンテナボックス  
  ●汚泥リサイクルプラント  
  概要  
  有機汚泥  
    −有機汚泥の処理フロー  
    −処理工程  
    −受入基準等  
  無機汚泥  
  ●自走式土質改良機  
  自走式土質改良機  
修繕・リフォーム
 
 
会社概要
環境方針
汚泥リサイクルプラントの見学
添付用許可証ダウンロード
リンク
 
汚泥リサイクルプラントの見学
  新エコ宣言!本当に地球に優しいリサイクルを実現します。どなたでも当社施設の見学が可能です。  
  ISO14001認証工場  
 
ゴミQ&A
  日々のゴミに関するお悩みを一挙解決します!  
 
     
 
       
会社概要 | 環境方針 | 採用情報 | お問い合わせ | リンク | トップページ
|株式会社とませい
 
  Copyright(C) 2007 Tomakomai Seisokigyo kumiai All right reserved.