とませいグループ"

 

環境産業に対する考え方

 「真に地球にやさしいことは何か」を追求し、単なるリサイクル商品の開発ではなく、資源の利用方法から、資源の本来あるべき姿までを視野に入れています。使用済みの資源を、別の商品形態ではなく、あくまでも「もとの姿へ還元する」ことで、リサイクル商品生成に要する余分なエネルギーを使用せず、トータルしたエネルギー消費の抑制につながります。もう一度(Re・リ)その資源を利用する循環の輪(Cycle・サイクル)を提唱します。


環境方針

基本理念

 株式会社とませいは地球を愛し、ここに生きる人々を愛しています。そしてこれからを担う子供達や未来の子供達へ美しい地球と、本当の「豊かさ」と「幸せ」を手渡すために、独創的なエコプロジェクトで新たな技術に挑戦します。  “環境保全は地球市民に課せられた使命である”と認識し、環境および周辺地域への影響を軽減するため職員一人ひとりが責任を持って環境保全活動に取り組みます。

行動方針

 株式会社とませいは下記に示す行動方針を通じてこれからも地球の環境保全に積極的に取り組んでまいります。

  1. 環境及び事業に関わる法規制等を遵守します。
  2. 環境マネジメントシステムの運用により環境負荷低減の目標を設定し、継続的改善に努めます。
  3. 廃棄物処理事業の役割を認識し地域の環境保全と安全に配慮した収集・運搬・処理を目指します。
  4. 循環型社会を構築するため、廃棄物の減量化、及び再資源化を推進します。
  5. 当社の環境教育、啓発活動を推進し、環境行動の基盤である全職員の意識の継続的向上を図ります。
  6. 当社の環境方針を広く一般に発信し、積極的な環境保全活動を進め、地域社会に貢献します。

環境目的・目標及び結果

  • 2018年度(平成30年度)
  • 2017年度(平成29年度)
  • 2016年度(平成28年度)

2018年度(平成30年度)

環境にやさしい運転の励行(新開支店)

デジタコ総合評価平均97点を達成

環境にやさしい運転の励行(有明支店)

デジタコ総合評価平均92点を達成

教育訓練・見学会・講話(発表)を実施し技術・知識・意識の向上(新開支店)

月1回の勉強会・見学会・講話等の実施

処理水を利用したアクアミュージアムの設置(エコワークス)

稼働日数に応じた打合せを100%達成・水生生物の生育

環境事業の継続(本社)

「環境だより」を月1回発行を達成

2017年度(平成29年度)

環境にやさしい運転の励行(新開支店)

デジタコ経済運転評価平均95点を達成

平均97.4点で達成(達成率102.5%)

環境にやさしい運転の励行(有明支店)

デジタコ総合評価平均90点を達成

平均94.4点で達成(達成率104.9%)

環境保全に関わる技術、知識、意識の向上(新開支店)

月1回の勉強会実施・3ヶ月に1回の理解度テスト平均70点以上を達成

月1回の勉強会実施達成。3ヶ月に1回の理解度テスト平均89.8点で達成

処理水を利用したアクアミュージアムの設置

処理水で金魚・グッピーを生育、稼働日数に応じた打ち合わせを100%達成

稼働日数の打合せ100%達成。

環境事業の継続

「環境だより」を月1回発行を達成

年間12回の発行を100%達成。

2016年度(平成28年度)

環境にやさしい運転の励行(新開支店)

デジタコ総合評価平均80点を達成

平均95.1点で達成(達成率118.9%)

環境にやさしい運転の励行(有明支店)

デジタコ総合評価80点を達成

平均91点で達成(達成率113.7%)

環境保全に関わる技術、知識、意識の向上(新開支店)

月1回の勉強会実施・3ヶ月に1回の理解度テスト平均70点以上を達成

月1回の勉強会実施達成、3ヶ月に1回の理解度テスト平均92点で達成

処理水を利用したアクアミュージアムの設置

処理水で金魚を生育、稼働日数に応じた打ち合わせを100%達成

稼働日数での打合わせ達成、金魚生育中で達成

環境事業の継続

「環境だより」を月1回発行を達成

年間12回の発行を達成

環境保全活動

  1. 作業車両廃タイヤのリサイクル推進
  2. 作業車両から出る廃油の適正処理
  3. 自洗車場での洗車時汚水の適正処理
  4. 収集運搬時の汚水汚泥飛散漏えい防止
  5. 収集運搬時の廃棄物飛散漏えい防止
  6. 洗浄作業時の汚水汚泥飛散漏えい防止
  7. 薬品薬剤の漏えい流出防止
  8. 会社から出る不燃物の削減
  9. 会社で消費する電力消費量の削減
  10. 燃費向上による車両排気ガスの削減
  11. 消費電力の削減
  12. 可燃ゴミの有効利用
ページ上部へ